個人再生

管轄する地方裁判所に個人再生の申し立てをします。
債務者は債権者一覧表を提出し、 債権者は債権額に争いがある場合は異議を述べたり、評価の手続きをすることで、手続きの中で主張できる債権額を確定します 。
その後債務者は、支払方法を決めた再生計画案を作成します。
債務者が作成した再生計画案に同意するかどうかの債権者による決議を書面で行い決議の結果要件を満たせば再生計画の認可が決定します。
多重債務 解決
個人再生とは
個人再生さらに詳しく
住宅ローン督促
再生計画案
個人再生の流れ
個人再生の費用

個人再生の実情
個人再生のメリット
個人再生のデメリット
個人再生中に気をつけること
保証人はどうなる?
よくある誤解
債務整理の専門家
↓ ↓ ↓ 
アヴァンス法務事務所

ジャパンネット法務事務所

エストリーガルオフィス




自己破産関連用語
同時廃止
管財事件
少額管財事件
代位弁済
公正証書
連帯保証人
債権者集会
官報
免責
免責不許可事由
一部免責
代理人

自己破産以外の債務整理
個人再生
任意整理
特定調停

その他
消費者金融
グレーゾーン金利
ヤミ金
金融詐欺

債務整理用語集
債務整理に関する用語解説です。

あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行
わ行
参考リンク集
多重債務からの生還
任意整理
借金返済
自己破産
多重債務
債務整理
過払い
自己破産・相談
借金
個人再生
自己破産・債務整理ガイド 紹介
先物取引
外国為替
債務整理するには?
債務整理 掲示板
相互リンク

雛人形・五月人形 自己破産・債務整理